<< 最新ニュース 過去ニュース >> 

 最新ニュース

2010.7.30
こども県議会

  「羽ばたこう!未来へ翼を広げて」と題して、7月30日午後2時から兵庫県議会本会議場で「子ども県議会2010」が開かれ、県下の中学生92人が井戸知事をはじめ県幹部に質問や提案を行いました。

日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会が主催。(私も昨年卒業する迄は、現役として参加していた立場ですが今年はOBとして参加。)

未来の担い手である子供達に、地域の未来や課題を再認識してもらうと共に、学校・地域を代表するという責任感を果たす事で、大きな自信に繋げていく事がねらいで開催迄、共に尽力して来ました、同協議会の各市域青年会議所の理事長ら役員、保護者として教員他、県会議員も応援に駆けつけ傍聴席は熱気があふれていました。

ひな壇には向かって右側に県当局、左側に県会議員がオブザーバーで出席。 中学生議員は、観光開発や産業振興など地元の課題解決への質問や、環境問題に対する要望が目立ちました。中には「借金を減らすためにどのような対策をしているのですか」という県財政への質問もありました。事前にアンケートをもとに県民局単位で説明会を開催、中学生は地域の問題点や将来像を考え、質問や意見内容を練り上げてきただけに、意識レベルの高い模擬議会となりました。





2010.7.25
第27回甲子園口商店街お祭り・歩行者天国

今回で27回目を迎える、地元西宮甲子園口商店街でのお祭りに今年も元気に参加して参りました。

毎年趣向を凝らすこのお祭り、過去には学生有志によるたこ焼きの新しい味付けの屋台が軒を連ね人気を競いあったり、来月開催される全国でも有名な徳島の阿波踊りの方が宣伝PRも兼ね参加されたりで、今年はなんと言っても地元関西学院大学の女 子チアリーデイングによる、元気なパフォーマンス。 商店街の活性化や、商業振興の事にどの様に進めればより効果的になるか、平素商店街の方々と懇談しますが、この時はその一つの成果としての賑わいを大いに楽しみ屋台や演目を楽しませて貰っています。

見上げれば大きな入道雲、夏です。

来月開催される、夏の全国高校選抜野球大会で球場に一番の最寄り駅は阪神甲子園駅にゆずるも、ここ甲子園口駅もアクセス駅で全国の方々のお迎えをします。

この賑わいを通して、少しでも多くの方が商店街での買い物の魅力を再確認して商店街が、少しでも西宮市と一緒にこれからの時代に適した発展をしていく事、そっと空の入道雲をみながら祈りました。






2010.7.11
第22回参院議員選挙〜自民・末松信介氏がトップで再選〜

7月11日投開票された第22回参院議員選挙は、新聞報道に掲載されました様に民主党が敗れ、自民党は第1党となり、来春の統一地方選次期衆院選の回復が期待できる結果となりました。

民主党政権発足9カ月の評価を問う選挙であり、自民党をはじめ野党が唱えた「民主党の単独過半数阻止」に有権者の方々が同調したと言えます。

兵庫選挙区では、現職で自民党の末松信介氏が全市町でトップの得票で再選。現職としての知名度の高さと共に、県議団を軸とした徹底した草の根選挙を展開した事も勝因となったようです。(末松参議院議は県会議員として大先輩であり、まじめで頼りがいのある“兄貴”とも言える存在です。)

当日は、投票締め切りからわずか10分で当確が打たれ流石に驚きましたが選挙事務所には国会・県会議員や知事らが駆けつけており、拍手と笑顔が溢れました。

万歳三唱のあと、末松参議院議員は「負けると自民党に明日はないと思っていた」「初めて野党としての選挙戦。野党の役割は、与党の政権監視と政策評価」などと胸の内や信念などを語り、「地域政党としてやり直し、旧い体質からの決別をめざす」と統一選、次期衆院選での巻き返しを宣言しました。

来年の統一地方選挙は4月の予定です。





2010.7.3
キャンクリトーク 大学×地域連携術

このタイトル、キャンクリは今年の一月に私のHPでも掲載しました大学と地域の連携による地域社会の活性化を図る事業の一環で、今回は更に大学学生と地域の方々が新しいネットワークを築き、事業の企画・運営を行う為それらを主眼とした発足会が本日西宮の、大手前大学で開催されました。

  阪神間では、私の母校の甲南大学を始め計23大学が存在し県民局やNPOを始めとした地域活動団体、企業を中心として今回からはより実践的に取り組もうと当日は地域の方と学生が、イベント企画・ツール作成・取材チーム・政策提言チームの計4つのグループに分かれ一緒に話し合いを行いました。

西宮では既に関西学院大学の、甲子園商店街夏の歩行者天国祭りでの屋台他の参加を始め各大学の奉仕や活性化を目的とした、学生の参加は何回か町中でも目にする事がありましたが、企画段階から相互が協力しあって取り組んでいくのは今迄にありそうでなかった取り組みと思います。

当日は、私も各グループの部屋の一隅で話しのやり取りを聞いていましたが、双方の考えをより積極的にやり取りして、それぞれの立場からの新鮮・柔軟であったり経験に裏打ちされた考えが発言され、中々に興味深く私も大いに勉強になり刺激を受けるデイスカッションでした。

この取り組みを通じ、企画運営が実行され地域の活性化にどんどん繋がっていく事を心より期待します。

<閑話休題>
この日の午前中、あいにくの雨ではありますが明日の大祭に向けて今津津門神社の茅野輪準備に参りました。  雨の中、手慣れた皆さんが大勢いらっしゃる中殆どお手伝いする事もなかったのですが、いよいよ夏の到来を前に明日の大祭を通じ皆さんと一緒に、元気にこの夏を過ごせる事を祈念します。
















トップに戻る